それはまさしく希望の光だった。
全てを手に入れられるかもしれない希望の光。
一瞬を永遠にすることだってきっとできる。
でもその光をこの手に掴むことは容易ではない。