ずっと私が主人公だと思ってた。
だから主人公らしい振る舞いをずっと続けてきた。
でも実は私といつも一緒にいる友人の方が主人公だったのだ。
どうりで有事の際に主人公補正がかからないと思ってた。