私は、自分が育てた弟子に殺されるのがずっと夢だった。
手塩にかけて育てた弟子が自分を超えてくれることだけが夢だったから。
でもどの弟子も私を殺そうなどとは思わず、私を超えることはできなかった。
自分が師匠を超えた時と同じことを弟子に託すのは酷なことなのだろうか。