お茶会の招待状が届いた。
気楽に参加してほしいとのことだが、冗談じゃない。
どうせ出席するのは本物の超がつくお嬢様ばかりなのだ。
相当に気を引き締めて参加しないと赤っ恥をかくことになる。