彼は偉大な発明家だった。
彼の発明品は天候を自在に操ることも、時間や空間の操作も可能だった。
だが本人は自分の発明品に満足したことはないと語っていた。
どれだけ発明したところで最愛の人の心一つ満足に操れないのだと。