どんなに雨に打たれようとも川に飛び込もうとも、まるで無意味。
体を濡らしただけでは心の乾きまでは癒せないようだ。
ゆきずりの男性に声をかけて毎晩のように求めても結果は同じだった。
何でもするから、誰か私の心を濡らしてほしい。