一つのことを一心不乱に続けられることを度々評価される。
でも僕は単に怖いだけなのだ。
それを止めてしまったら何もなくなってしまような気がして。
続けていることで僕は自分を保っているのだ。