空気が読めないのではなく、空気を読もうとしないだけなのではないか。
その証拠に、他の人といる時はあの人は誰よりも空気が読めている。
私が相手の時だけ、空気を読みたくない何かがあるのかもしれない。
例えばあえて空気を読まないことで、嫌われるように仕向けているとか。