私はずっと現存する神としてこの星を見守ってきたのだ。
だからたとえ何があってもこの星を離れようとは思わない。
一人二人と星を離れていき、ついには私一人になった。
この星の消滅と共に、私も神らしく天に昇るとしよう。