どれが本当の真実かなんて誰にも分かりやしない。
現実なんてたいていそんなものだ。
僕に分かるのは、僕にも分からないということだけ。
少なくともそれだけは、はっきりとした事実である。