まるでギャグ漫画が実体化したような空間だった。
誰もかれもがどこか変わっていて、バカと笑いに溢れた空間。
でも本当は、ここにいる人はみんな人一倍の闇を抱えている。
それと向き合うことを止めた結果、こんな空間が生まれたのだ。