考える時間をより多く作るには、考えなくても行動できれば良いと考えた。
例えば今日は何着て行こうとか、お昼は何を食べようとか、そういうのだ。
それらを感覚でこなせるようになれば、その分考える時間を多く作れる。
しかしどうすればその域に達せるかは、未だに考えても分からない。