正直、あれはもはや神業とも言える領域なんじゃないだろうか。
別に慌ててるわけではないと思うし、実際そういう雰囲気は見られない。
でもほんの短い会話であっても彼は信じられないくらいに言葉を噛み倒す。
技とか能力とか、そういう言葉を用いたいくらいに。