真実は現実の中に見え隠れする素顔で、事実はその存在証明である。
いずれにしろ、しょせんは神様がたわむれに作った砂箱にすぎない。
すくい上げれば砂の感触を得ることはできるけれど。
その砂の一粒一粒に現実と虚構の区別はない。