自分が天才肌だと言うつもりはない。
でも教本よりは自分の感覚の方が信じられるのは確かだ。
人から教わったことだとどうしても生兵法の域を出ない。
だから基本を無視してでも私は我流を貫き通す。