そのレンズは、この世の全てを見通すために作られた。
まるで神の視点を持てることから、神様のレンズと呼ばれている。
しかしそのレンズを使ってみようと思う者はほとんどいない。
誰だって自分のことに精一杯で、この世の全てを見ようなんて思わないのだ。