世界は異形の者を簡単には受け入れてくれない。
私が不老不死になった時も、向けられるのは奇異の視線ばかりだった。
しかし今では科学が発達し、誰も私をおかしな存在だとは思わない。
技術が進歩は人の寛容さも育てるものなのかもしれない。