脳の老化を抑えることができたとしても、永遠に山を登り続けることはできない。
長く生きるということは、それだけ多くの経験が蓄積していくということだからだ。
その経験は必ず心や体にダメージを残す。
だから人生のピークが道半ばでやってくることは絶対に避けられないのだ。