あいつはまさにスルメのような存在だ。
噛めば噛むほど味が出る。
これだけ噛みまくってたらもう使ってもらえないのが普通なのに。
あいつの場合はそれが逆にウケてメディアへの露出が増えている。