弘法の筆というものを開発した。
弘法筆を選ばずと言うように、弘法大師はどんな筆でも上手に字を書く。
これはその逆転の発想で、筆が人を選ばずとも言うべき筆だ。
これを使えばどんなに字が下手な人でも弘法大師のような達筆家になれる。