最初から最後まで一貫して何を言っているか分からなかった。
たぶん、ピカソの絵を言語化するとこんな感じになるんだろう。
どうして彼は絵描きではなく物書きを選んでしまったのだろう。
絵ならもしかしたらもう少し評価されるかもしれないのに。