全力を出すのは良いことだが、出し続けていれば良いってものじゃない。
その場その場に応じた最適なギアってものがあるのだ。
車だって常にトップギアに入れていたらまともに走れないだろう。
僕たちだって、時にはローギアで走ることが必要なのだ。