どこに刀を差しておくのが一番なのかを模索していた。
忍者のように背中に背負うのが良いのか、侍のように腰に差すのが良いのか。
いろいろと考えた末に、刀はどこにも差さない方が良いという結論になった。
刀は鞘に収めず、いつでも手に取れるよう宙に浮かしておくことにした。