あえて空白にしているということは、存在は確信しているということだ。
存在するかどうかも分からなければ、空白にすらしないはずだから。
いつか必ず、この席を埋める人が現れる。
その時までずっと私はここを空白のままにしておくつもりだ。