どうせ捨てられるだけの運命。
一時の快楽のためだけに利用される存在。
でも最初からそのために生まれた来たのだから文句はない。
ただ、そこらの捨てずにちゃんと紙に包んでゴミ箱に捨ててもらいたい。