あの子は私がいないと何にもできない。
私がいなくなったらあの子はきっと生きて行けない。
そう思っていたけど、むしろそれは私の方だった。
あの子の世話を焼くこと以外に、今の私に存在意義がない。