全てが終わった時、僕の隣にいるのは誰だろうか。
いや、もしかしたら誰もいないかもしれない。
普通の人は、世界が終わったら存在していられない。
僕みたいに、この世の理から外れた人間でもなければ。