彼が何かを言っていたことは覚えている。
聞き取れなかったわけじゃない。
単に胸にも刺さらず記憶にも残らなかっただけだ。
大切な人だったのに、どうして何も思えなかったのだろう。