この国にはコタツという悪魔がいると聞いた。
どれほど凄い悪魔なのか確かめるため、私はこの国にやって来た。
確かに恐ろしい奴だった。
上級悪魔の私の動きをここまで見事に封じきるとは。