私は借りを作るのが好きだ。
返さなきゃならない借りがあると怠け癖が鳴りを潜めるからだ。
真面目に、一生懸命に生きるには、借りがあった方が良い。
だから私はお金に余裕があっても借金をすることにしている。