飲み会の席でいろんな人のコンプレックスの話を聞いた。
みんなそれぞれのコンプレックスを抱えているんだなと思った。
でも、それ以上に僕は切なかった。
みんながコンプレックスに思っているものは、全て僕に当てはまったから。