このアトラクションは喜怒哀楽の全てを同時に刺激するのがコンセプトだ。
楽しいだけじゃなく、悲しかったり憤るような仕掛けも満載なのだ。
どれもクオリティが凄くて、笑ったり泣いたりが本当に同時に来てしまう。
こんなに疲れるアトラクションを私は他に知らない。