今や記録媒体は実体を持たない。
正確には素粒子レベルの大きさだから目には見えない実体という意味だ。
しかし目に見えないということは失くすリスクも高いということ。
最近じゃその記録媒体の在処を記録するためのメディアも生まれてきている。