「ダメだ……もう限界。一歩も動けない……」
とか言いつつも、実際は一歩くらいなら動けなくもない。
一歩歩くたびに同じことを繰り返していたら、やがて目的地に辿り着いた。
自分の思う限界なんてしょせんその程度だというのがよく分かった。