「ねえねえ、背中にバカって書かれた紙を貼りつけられてるよ」
「ああ、いいのいいの。これは自分でつけたやつだから」
「え? 何のためにそんなことを?」
私はバカですって何度も主張してるのになぜか誰も信じてくれないからだ。