私は人の弱みを握ると安心できる。
それを利用してやろうとか、そんなことは全く考えていない。
ただ、自分と似た欠点を他の人も持ってると思うとホッとするのだ。
弱みの塊みたいな私はこうでもしないと劣等感を忘れられない。