僕が師事した人はみんな大昔に亡くなった人ばかり。
この施設ではそういう人たちの教えを受けることができるのだ。
いずれは世界を大きく動かし、歴史に名を残して死んでいくために。
そして次は僕自身も彼らの仲間に加わり、新しい世代を育てていく。