僕の場合、分かれ道で悩むのは時間の無駄でしかない。
どっちを選んだとしても、別の道への未練はなくならないからだ。
だから僕は、どんな分かれ道が現れても悩まないようにしている。
僕の選択は常に、何も考えずまっすぐだ。