烏合の衆と舐めきっていた。
確かに一つ一つの勢力は我らの足下にも及ばない微力なものだった。
でも全ての組織がまとめてかかってきた時の力は脅威の一言に尽きた。
もっとも、それでも鎮圧に成功した我らの方が力は上だったわけだが。