どちらが美しいかなんて僕には決められない。
だって、僕は知ってしまったから。
天界のような誰もが認めるような美しさは確かにあるけれど。
混沌と醜猥が入り交じった地獄絵図にも美しいものは存在することを。