自分の中にある仄暗い影を消し去りたかった。
だから私は光に背を向けた。
影は光があって初めて生まれる存在。
光がなければ影もまたなくなると思ったのだ。