僕らは空を飛べないのに人間たちは僕たちを一羽と数える。
僕はそれを期待を込めたものだと解釈した。
だから来る日も来る日も空を飛ぶ練習をした。
いつか月まで飛んで、人間たちの想像通りに餅をついてやるのだ。