結局はスタートしてからが肝心なのだ。
スタートラインに立つ方法は問題ではない。
だから手段を選ぶつもりはなかった。
私に運と才能があるならば、ゴールテープを切れるはずだから。