僕は幽霊の存在を信じていなかったが、先日実際に幽霊と出会ってしまった。
あれを幻覚だと言うことは簡単だけど、どうもそんな雰囲気ではなかった。
幻覚だったら僕の知らない情報をあれだけ克明に話せるはずはないから。
あの出会いがなければ僕はこの未解決事件を片づけられなかった。