水や電気はいくらでも無尽蔵に使えるものだと思っていた。
でも実際には限りがあるし、そもそもタダではなかった。
一人暮らしを始めて初めてそのことに気づいた。
節水や節電って言葉の意味もようやく理解できた。