最初は他人の手で握られたおにぎりやお寿司が食べられないだけだった。
でも徐々にエスカレートして、今じゃ他人の作った料理が食べられなくなった。
だからと言って私自身は料理が全くと言って良いほどできない。
そこでこうして全自動で料理ができるキッチンの開発をしているのだ。