私はたぶん、気遣いができる人間になりたいわけではない。
気遣いができる人間だと思われる人間になりたいのだ。
実際にできるかどうかではなく、周りからそう評価されたいということ。
でもそのためには、実際に気遣いができるようになるのが一番早いだろう。