可能性は全くないと言われた。
でも僕は可能性なんて降水確率みたいなものだと思っている。
過去の例などから推察すればゼロかもしれないが、今回は分からない。
だから僕が絶望的な状況でも笑っていられるのだ。