一枚くらい写真を撮っておけば良かった。
写真写りが悪いからと言ってことごとく拒否してきたのだ。
でもこの歳になって、ふとした瞬間に過去の思い出に浸りたくなる時が増えた。
形に残るものが何もない今の私には、拙い記憶に頼るしか術がない。