眠気を覚ますために落書きでもして気を紛らわそうと思った。
ようやく眠気が薄れた時、私は重要書類に落書きしていることに気づいた。
それ自体もやばいが、もっとやばいのは落書きの内容だ。
書類など霞んで見えるほどの重要な情報を無意識に書いてしまっていた。